大手のプロミスなら尚安心

昔のキャッシングは怪しさ全開でした

今でこそキャッシングは市民権を得た形となってきました。テレビコマーシャルでも良く見かけますし、また電車の車内広告でもよく見かけます。消費者金融も銀行の子会社に組み込まれると言う業界の再編成もあり、キャッシング業界が一体になって健全化に向かってきた結果と言えるでしょう。

そのようなキャッシング業界ですが、昔は怪しさが全開でした。

例えば新聞の三行広告を使って、今でいうサラ金と同じような扱いでお金を貸していたりと言うのが普通だったのです。キャッシング業界は、そのような時代から何年もかけて、今のように健全な形になってきました。その結果、消費者としては安心してお金を借りることが出来るようになったのです。

消費者のための金融機関と言う位置づけでありながら、なかなか日の目を見ることができなかった消費者金融も、いまでは立派な企業としての位置づけを確固たるものとしたのではないでしょうか。

キャッシングと言うと、どうしても昔の暗いイメージが残るものですが、それを完全に振り払うのも時間の問題でしょう。

今後ますます需要が多くなる業界でもありますから注目すべき業界であり、さらなる飛躍に期待をしたいと思える業界がキャッシング業界です。

遠くの親戚より頼れるご近所、それが消費者金融

キャッシングサービスを提供している金融機関や消費者金融業者はたくさんあり、都合に合わせて選択することが出来ます。最近では、以前と比べて手軽に利用することが出来るようになってきており、サービス内容も非常に充実しています。

利用することが出来るのは、満20才以上でありなおかつ安定的な収入があるという人とされています。年齢の下限は満20才以上ですが、上限が設けられている場合もあります。この上限は各業者や金融機関によって異なりますので注意が必要です。

特にシニア層では退職しているという場合には安定的な収入がないと悩みを持つ人も多いようですが、年金を受給しているのであればその年金も収入の一つとしてみられますので、年金受給者であってもキャッシングを利用することが出来ます。

ただし、業者によっては利用不可としている場合もあるので、申し込みを行う前にしっかりと確認するようにしましょう。

さらに、大手業者や金融機関を利用することが出来ないシニア層を狙った悪徳業者の存在にも注意が必要です。少しでも疑問を感じた場合には、周りに相談するようにしましょう。もし、家族に相談しにくいという場合には、行政機関などに相談してもよいでしょう。

キャッシングの利用は信用度が大切です

キャッシングの申込みの際には借手の信用調査が行われます。そしてこのとき他の業者に複数借入をしている場合には審査に通らなくなります。複数の業者に借入があっても小額ならよい気もします。なぜなら総量規制でも年収の3分の1までなら借入しても構わないからです。でも借手の信用度は、単純にその人の収入や経済力だけでは測れないのです。

もしキャッシング審査の際に経済力だけで返済能力の有無を見るのなら、収入がなくても貯蓄が多かったり土地などの資産があれば問題はありません。でも審査基準としては、毎月安定した収入が必須の条件です。つまり金融機関の専門的な立場から見ると、定期的な安定収入こそが借手としての重要な条件となるのです。

複数の業者に借入がある場合も、借入金額の高さよりもその人の借金に対する意識や借入行動のパターンが問題とされます。そして過去の多重債務者の事例から分析して、金融事故を起こす危険性が高いタイプだと判断されるのです。

キャッシング利用の際に複数の業者に同時に申込む人も、同じように多重債務の危険性の高い借手と判断されます。素人判断的には問題はないと思われることでも、専門的な分析では信用度に問題があると評価されてしまうことがあるのです。

他にも、返済の延滞についても数日程度の遅れなら別に問題はないだろうと思う人もいます。でもこれもその人の信用度を大きく下げてしまう行為です。キャッシングの利用は素人判断で考えずに、きちんとキャッシング会社のルールを守って利用することが大切です。